Topへ


 大月 光勲  ohtsuki koukun  略歴 




赤い文字をクリックしてください
1952年 岡山県に生まれる。
1972年 能面の習作を始める。  
1977年 草春会に入門する。
1988年 京都府伝統産業技術コンクール奨励賞受賞。
1989年 独立をし、「光勲能面會」を主宰する。
1990年 京都市伝統産業会館にて個展
光勲能面會展」を開催する。以後11回。
1991年 東京日本橋「三越」にて個展
1992年 「伊勢丹・浦和店」にて以後三回
1993年 東京玉川「高島屋」にて個展
京都「嶋屋画廊」にて個展
倉敷「EL PATIO・クラシキ」にて個展以後一
写真集「池田家伝来能面(林原美術館)」(学研)に能面型紙を執筆する。
岡山テレビ「人間列島,93-能面師・大月 光勲ー」「能楽ノススメ」に出演。
1994年 映画「能面と美神たち 主演・豊嶋三千春師(金剛流能楽師)」(日本文化映像)に出演。
林喜一郎師(観世流能楽師・現13世林喜右衛門)の依頼により「敦盛」用「若男」制作 以後、林家(京観世五軒屋の一)に出入りを許される。
1995年 「渇水竜女(450年ぶり復曲)シテ・梅若六郎師(観世流能楽師・56世梅若家当主)」後シテ用創作面「龍王子」を依頼制作する。
1996年 因幡万葉歴史館より「蘭陵王(舞楽面)」を依頼制作する。
1997年 京都文化博物館にて個展
1999年 高槻市生涯学習センター「能面おもしろ講座」の講師を務める。
広島そごうにて個展。
京都文化博物館にて光勲能面會十周年記念展を開催。
「相模原光勲會」を発足する。
2001年 京都文化博物館にて松月の會能面展」(小松谷宏春氏と二人展)開催
銀座・鳩居堂にて能面道30週記念個展開催
2002年 椿大神社(鈴鹿市)にて神事能「鈿女」シテ金剛永謹師(金剛流26世宗家)に創作面「鈿女」が使用される。
京都文化博物館にて能面道30周年記念個展開催
新宿NSビルオープン20周年記念イベント、「能、狂言」−和の伝承-にて能面常設展示
2003年 倉敷市立美術館にて能面道30周年記念個展開催
 2004年  5月 京都文化博物館にて「第2回松月の會能面展」(小松谷宏春氏と二人展)開催
楽美術館秋期特別展『能と茶の湯と楽茶碗−幽玄と侘びの系譜―』に15代楽吉左衛門氏の茶碗『砕動風鬼』に感応して打った創作面「夜風鬼」「闇鬼」の二面が展示され、楽美術館の所蔵となる

松山隆雄師の依頼により相模原市市制50周年記念創作能『照手』用の創作面「照手姫」「小栗」を制作し上演され、相模原市の所蔵となる

2005年 「日本の美・面の世界」を東北芸術工科大学図書館にて松山隆雄師(観世流能楽師にして能面を打つ)と開催する。主宰・東北芸術工科大学(山形市)/企画・東北芸術工科大学東北文化センター/※当展示は、文部科学省オープン・リサーチ・センター整備事業「アジアのなかの日本文化に関する総合的な研究」の一環として行われた。
2007年 高台寺特別展「幽玄の美-大月光勲展」北書院にて開催される(5月11日〜7月8日)
2007年 植田恭三師(金剛流)の依頼により能『道成寺』のために、金剛宗家のお許しを得て徳若作「孫次郎」を写す
2008年 早稲田大学演劇博物館主催「現代能・狂言面作家展」に出品する
2010年
梅若玄祥師の許しを得て、梅若家所蔵「出目甫閑作『若女』」を写す。
2011年 随心院の卒塔婆小町坐像(恵心僧都作・鎌倉時代)をもとに創作面『老梅小町』を制作・奉納する。
2011年
生田神社に能面「敦盛」を奉納し、生田薪能『敦盛』シテ藤井徳三師に使用される。
東京銀座、鳩居堂にて還暦記念能面展『未來』を開催。
大徳寺、黄梅院にて個展開催。
2013年 倉敷市藤戸寺にて「沙羅の花を観る会と能面展」開催
2014年
鎌倉光勲會発足
鎌倉「Gallery一翠堂」にて個展開催
2015年
西陣織成舘にて『寿ぎの能装束と能面』開催」
北方領土文化交流訪問ー国後島・択捉島にて能面講座開催
フランス・パリ『エスパス・ベルタン・ポワレ』(天理日仏文化会館)にて個展開催
 2016年
西陣織成舘にて能面 幽玄の世界 大月光勲能面展開催 
  2017年 「心の鏡:大月光勲の能面」展(アメリカ合衆国 オレゴン州 ポートランド
  2019年  作品集  『能面花鏡』 発売
 2020年  東京銀座 永井画廊にて 『能面花鏡』刊行記念 大月光勲能面展開催
 2020年  香老舗松栄堂 薫習館にて 『能面花鏡』刊行記念 大月光勲能面展開催
問い合わせ

Koukun24@beige.plala.or.jp

サイトは、大月光勲後援会によって管理・運営されています。
本サイトに掲載されている画像・文章等、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。